未分類

毎日の積み重ねが大事

スキンケアの最後のポイントは、毎日積み重ねて行うことということです。毎日肌の状態をチェックすることで、自分の肌が今どのような状態か、どのようなケアを行わなければいけないかが明白になりやすいので、スキンケアをする際には出来るだけ、毎日時間をかけて行うことが大切だと言えるでしょう。

 

例えば、肌がいつもに比べて日焼けしているというようであれば、美白成分が配合されている美容液や、ビタミンC誘導体などが含まれているスキンケア商品を利用することで、日焼けやシミそばかすを防ぎ、美しい肌をキープすることが出来ると言えるでしょう。また、肌がやたらと乾燥している場合は、日頃のスキンケアに加えて、少しリッチなパックなどを利用して、潤いをしっかりと与えたり、美容オイルを利用して、しっかりと肌の乾燥を防ぐようにケアをすることも、一つの方法だと言えるでしょう。

 

万が一使っているスキンケア商品が、肌に合わなくなったという場合。使用を一度中断して、出来れば原因がわかるまで、そのスキンケア商品を使わないように心がけましょう。体質変化によって今まで使っていたスキンケア商品が合わなくなるということは良くありますので、十分注意してみてください。また、どんなにスキンケアを頑張ってもシミが消えない、たるみが改善しないといった症状に悩み始めている場合はスキンケアだけでは間に合わない年齢になってしまっているのかもしれません。そうした場合は早めに美容皮膚科などのクリニックに一度相談してみると良いでしょう。高額なスキンケア用品を購入しつづけるよりも、美容皮膚科の施術であっとゆう間に改善してしまうかもしれません。料金は症状によって差があると思いますので事前に確認しておきましょう。

 

参考―https://www.shirono.net/about/biyouhifuka/
(美容皮膚科「シロノクリニック」のサイトです。)

未分類

スキンケア商品利用方法

自分に合っているスキンケア商品を選ぶことが出来たら、次は、スキンケア商品の利用方法も気にかけていきましょう。スキンケア商品を利用する際には、このようなポイントを押さえて利用することが大切です。まず初めに、スキンケア商品には使う順番がありますので、間違えないようにしましょう。

 

基本的な流れとしては、洗顔後、潤いを肌に与える化粧水、潤いを肌に閉じ込める乳液や美容オイル、肌に美容成分を浸透させる美容液という順番が多いでしょう。(美容液の種類によっては、化粧水の後に利用する商品もありますので、事前に確認をするようにしましょう。)肌に潤いを与える前に乳液を使ってしまったりしても、何もしないよりは多少は効果がありますが、下手をすると、インナードライ肌になってしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

次に化粧水や美容オイルの利用方法ですが、潤いを肌の奥まで浸透させるために、手のひらに出して常温にして、肌にしっかりと密着させることが大切だと言えます。時間をかけてじっくりと、肌に潤いを与えるように、成分をしっかりと浸透させていくことが大切です。最低限これら二つのポイントを守ることが、スキンケアを使う際には大切になります。